スイーツ

冷凍した『東京バナナ』がおいしいと話題!アイス感覚で食べる『東京バナナ』を解説

皆さん『東京バナナ」をご存知ですよね。その東京バナナを冷凍して食べると、アイス感覚で食べれておいしいと話題になっています。

https://twitter.com/igury46/status/1385761146548850694

東京のお土産の中でも定番中の定番といえば東京バナナを思い浮かべる人も多いのではないのでしょうか。

東京の観光地に行けばほとんどの場所で東京バナナをよく見ますよね。

空港や駅などでもよく売られているため、仕事などの出張で時間がない時でも、東京バナナをお土産として買っていけば間違いないだろうとおもって買う人も多いと思います。

そんな大人から子供まで大人気の『東京バナナ』ですが、冷凍して食べるとおいしいと話題になっています。

この冷凍して食べるという方法は、株式会社グレープストーンが展開する東京みやげブランド『東京ばな奈ワールド』が公式に提案しているアレンジ方法なんです。

今回この記事では冷凍した東京バナナについて解説して行きたいとおもいます。

冷凍した『東京ばな奈』がおいしい

引用元:東京ばな奈ワールド

東京バナナはふわふわなスポンジ生地の中に濃厚なバナナカスタードが入っています。

あのふわっとした食感がやみつきになりますよね。

それとバナナカスタードが濃厚でバナナの味とカスタードの甘味が混ざり合って食べ始めると止まらなくなってしまいます。

そのままでも充分美味しい東京バナナですが、冷凍して食べるともっと美味しいと話題になっています。

中のバナナカスタードが冷凍することによってアイスのような食感に変わるんですね。

ただそのバナナカスタードですが、とても痛みやすくなっています。

なので賞味期限も1週間と短くなっています。

東京バナナはお土産で買うことも多いため、買ってから相手方に届くまでに1〜2日経ってしまいますので、もらったほうはだいたい5日で食べてしまわないといけなくなります。

なので、もらった東京バナナを無駄にしないためにも、冷凍して食べる方法はもらう側からしたら絶対に覚えておきたい方法ですね。

『東京バナナ』のオススメの冷凍時間

東京バナナのおすすめの冷凍時間ですが、個包装のまま東京バナナを冷凍庫に入れます。

東京ばな奈ワールドさんがおすすめしているのは冷凍時間1時間30分から2時間がおいしく食べられるとされています。

ただ自分は東京バナナを1週間冷凍庫に入れて、出してすぐ食べてみましたが、カチカチにならずに食べることができました。

バナナカスタードがほんの少しですが、シャリシャリ感がでていておいしかったです。

冷たくて、夏なんかにおすすめな食べ方です。

凍らせる前に棒をさせば、アイスキャンディ風にすることもできます。

引用元:東京ばな奈ワールド

お子さんがいる家庭にはおすすめですね。最近の東京バナナも種類が豊富でキャラがついたものも多いですから、家族で楽しみながら食べることもできるのがいいですね。

間違いなく子供は喜びますよ。

冷凍した東京バナナの賞味期限は?

先ほどチラッとお話しましたが、東京バナナの賞味期限について解説して行きましょう。

東京バナナは購入した日を含めて7日間が賞味期限となっています。

バナナカスタードが本物のバナナから裏ごしされて作られているため、とても痛みやすくなっています。

そのため、1週間と短い賞味期限となっています。

なので、購入する際は必ず賞味期限を確認しましょう。

1週間以降でも食べることはできますが、食べるときには状態をよく確認してから食べるようにしましょう。

せっかく買ったお土産も賞味期限が短いものを買わないように注意しましょう。

賞味期限を知らずにネットで購入してしまうと、渡す時には賞味期限が切れているとか、賞味期限があと数日しかないから自分で食べるなんてことがないように注意しましょう。

https://twitter.com/Seraphim_ow/status/698369612648288256

東京バナナの温度別の保存期間

上でお話した賞味期限は常温保存の場合なので、冷蔵と冷凍についても見て行きましょう。

冷蔵庫で保存した場合には、一般的には常温保存よりも痛みづらいのは確実でしょう。

ただパッケージに冷凍保存した場合の記載もないですし、ホームページなどにも載っていないので、冷蔵保存でも1週間と思ってくれていいとおもいます。

冷蔵庫に入れていたものを一度外に出してしまうと、水滴が出てきてしまい、ものが痛みやすくなるので注意してください。

冷凍庫で保存した場合は約1ヶ月はおいしく食べられるでしょう。袋ごと冷凍すれば空気に触れることもないですから、1ヶ月は持ちますね。

それ以降は水分などが抜けてくるので、食べることはできても、品質はよくないでしょう。

常温保存7日間
冷蔵保存7日間
冷凍保存約1ヶ月

東京バナナを解凍して食べても大丈夫?

お土産でもらって食べきれない時などあるでしょう。

その時には冷凍で保存するのがオススメです。

無理して食べるのも良くないですし、せっかくもらった東京バナナを捨てるのはもったいないですよね。

先程、『冷凍で食べるとおいしいよ』ということを伝えましたが、中にはどうしても東京バナナを『冷凍では食べたくない』という人もいるでしょう。

冷凍して解凍したらおいしくなくなるのではないか、びちゃびちゃになって元の状態には戻らなくなるのではないかと疑問に思う人もいると思います。

常温で溶かせば元の東京バナナの状態に戻るので安心してください。

まとめ

  • 冷凍した東京バナナはアイスのような食感に変わって美味しくなる。
  • 1時間30分から2時間冷凍した東京バナナが1番おいしい。
  • 賞味期限は7日間なので、お土産で渡すときには必ず確認しよう。
  • 常温、冷蔵保存は7日間、冷凍保存は約1ヶ月もつ。
  • 冷凍した東京バナナを解凍してもおいしさは変わらない。

今回冷凍した東京バナナに関してまとめてみました。

そのまま食べても美味しい東京バナナですが、冷凍した東京バナナもぜひ食べてみてください。

また違ったおいしさを感じられると思いますし、新たな感覚を味わうことができるのではないでしょうか。

-スイーツ

© 2021 ぐるめ王国