スイーツ

スタバ初心者向け!頼み方の流れと、おすすめ商品やカスタマイズも紹介

今や全国的に展開し有名になっているスタバですが、初めてスタバに行く人にとっては、どのようにドリンクを頼めばいいか不安ですよね。

スタバって、呪文のような注文をするイメージで初心者には難しそうです…

私も初めてスタバに行ったときは、周りのお客さんの注文の様子を必死に見てまねようとしていました。

スタバに行く前に誰かから注文の仕方を教えて貰っていたら、挙動不審にならなかったのにな…と思いました。

そこでこの記事では、スタバ初心者の方に向けて、スタバの頼み方を分かりやすくお伝えしていきます。

あわせて、今や週1ペースでスタバに通っている私がおすすめする、初心者さん向けカスタマイズも教えていきますね。

スタバ初心者のための基本の頼み方

では早速スタバに初めて行く方のために、スタバでの注文の仕方を一から教えていきますね。

店内飲食の場合座席の確保

スタバの店内で飲食する場合は、注文する前にまず席を確保しましょう。

座席の確保は、手荷物をおいても良いですが、スタバには「席予約カード(RESERVEDカード)」があるお店があります。

防犯対策を考えると、そのカードを座る席に置いて注文しにいくことをお勧めします。

カードは、店内のゴミ捨て場がついているカウンターにおいてあることが多いですよ!是非使ってみて下さい!

ドリンクやフードを注文する

レジに並び、いざ注文です。

ドリンクやフードなど食べたいものを選びましょう。

ドリンクのメニュー表はレジ前に置いてありますが、スマホからもみる事ができます

レジ前で悩みたくない方は予めスマホでメニューを身て、頼みたいドリンクを決めていきましょう。

フードはレジ横のショーケースに陳列されているので、そこから頼みたいフードを決めて、注文しましょう。

主要なドリンク

・ドリップコーヒー(アイス/ホット)

・スターバックスラテ(アイス/ホット)

・フラペチーノ

・ティーラテ (ホット)

・季節限定ドリンク

また、スタバ独自のメニュー名になっている商品もあるので、王道のドリンクを抜粋して、スタバでは何というのかも押さえておきましょう!

王道ドリンクのスタバ編

普通のコーヒーは、「ドリップコーヒー」を注文しよう

カフェラテは、「スターバックスラテ」を注文しよう

フローズンドリンクは、「フラペチーノ」を注文しよう

普通のアイスティーは、「アイスティ(ブラック)」を注文しよう

 *アイスティーには、パッションという種類もあるので注意が必要です!
 ちなみに、パッションは、フルーツの酸味が強いタイプになってます。

サイズを選ぶ

ドリンクが決まったら、次にサイズを決めます

スタバのサイズ標記は独特で、ここで躓くことが多いので、しっかり覚えていきましょう!

ドリンクのサイズ

ショートSサイズ相当
 少な目で、紙パックやチルドカップドリンク感覚です

トールMサイズ相当

 しっかり飲む時にちょうど良いです

グランデLサイズ相当
 大きいです、トールを頼んでみてからチャレンジしたほうが良いかと思います

ベンティLLサイズ相当
 とても大きいです、頼んでいる方はあまり見かけません

店内飲食や持ち帰りか

最後に、店内飲食か持ち帰りかを伝えます

ここで、店内飲食を選択した際に時々「マグカップでお出ししましょうか?」と聞かれることがあります。

私の経験からすると主に、朝方などの比較的すいている時間帯に行くと聞かれることが多いですよ!

ちなみに、マグカップで飲むと、温かさが保持されると店員さんがおっしゃっていました。

マグカップは大きめで広口タイプなので、スペースを摂りたくない方や、こぼすのが怖い方は紙カップで飲むと良いと思います。

会計、商品受け取り

会計は現金、クレジット、各種キャッシュレス決済に対応していますので、ご自身にあったお支払を行ってください。

受け取りは、基本的に少し離れた場所にある受け取りカウンターから商品を受け取ります

ただし、ドリップコーヒーや、すぐに渡せるようなフードなどは会計時に受け取ることもありますので、臨機応変に対応しましょう。

以上で、基本的な購入から受け取りの流れとなります。

簡単なカスタマイズをしてみよう

基本的な流れを理解したところで、次にスタバのカスタマイズについて解説していきます。

よく聞く呪文のような注文をしている人の多くは、自分好みにドリンクやフードをカスタマイズしています。

難易度が高そうに見えますが、理解すると意外と簡単なので是非参考にしてみて下さい。

ミルクの変更

カスタマイズで一番分かりやすいのが、使われているミルクの種類の変更になります。

スタバ初心者にとっては、頼みやすいカスタマイズだと思います。

変更できるミルクの種類は4つあります。

ミルクの変更

・低脂肪タイプ

・無脂肪タイプ

・調整豆乳(+55円の課金)

・アーモンドミルク(+55円の課金)

豆乳とアーモンドミルクへの変更は追加料金が発生するので、気を付けてください。

ダイエット中などで、カロリーや脂質が気になる方は低脂肪や無脂肪タイプに変更するといいですよ♪

パウダーやトッピングの変更

ミルクの変更以外に出来るカスタマイズは、多くありますが、今回はその中でも初心者さんでも使いやすいものを抜粋して紹介します。

初心者さん向けカスタマイズ

・チョコレートチップの追加(+55円課金)

ドリンクの上にかけるチョコレートソースの追加or増量

ドリンクの上にかけるキャラメルキャラメルソース追加or増量

・ホイップクリームの増量or少なめ、追加の場合は+55円課金

特にフラペチーノを頼む際に頻繁に使えるカスタマイズを紹介しました。

この他にも、シロップ追加やパウダー多めなど沢山の種類があったり、またドリンクによってカスタマイズ出来る部分と出来ない部分があったりと、カスタマイズは奥が深いです。

是非、詳しく知りたい時は、スタバの店員さんに聞いてみることをお勧めします。

豆知識

・カスタマイズできるのは、ドリンクだけでなくフードにも一部アレンジができます。

例:キャラメルソースやチョコソースをスコーンにトッピング

  ビスケットに、ホイップクリームを追加

・レジでのカスタマイズだけでなく、店内にあるカウンターに、セルフサービスのはちみつや、シナモンパウダーなどが置いてあるので、自分好みに少しアレンジもできます

まとめ

今回は、スタバ初心者さん向けに、商品の頼み方と少しだけカスタマイズの方法を紹介しました。

戸惑わないで注文をする際に抑えておくべきポイントは、メニューを予め決めておくこととと、サイズを覚えておくことです。

また、より初心者感を出したくない場合は、ミルクの変更やホイップの量を変えるなどのちょっとしたカスタマイズにチャレンジしてみましょう!

是非、スタバの頼み方を理解してかっこいいスタバデビューを果たしましょう♪

-スイーツ

© 2021 ぐるめ王国