スイーツ

シフォンケーキの型は100均で揃う!サイズから使いやすさの意見も紹介

シフォンケーキを焼きたい時に、絶対に準備しなければいけないものが「シフォンケーキの型」。

頻繁にシフォンケーキを焼かない限り、アルミ製の本格的な型を買うのはお金がかかるので避けたいですよね。

そんなお手頃価格で手に入れたい人にとって、味方となるのが100均。

お菓子づくり用品も充実している100均では、なんと!シフォンケーキの型も手に入るのです!

そこでこの記事では、ダイソーやセリアなど100均ごとに販売しているシフォンケーキの型の紹介と、実際に100均の型を使って焼いてみた人の意見を調査しまとめました。

これからシフォンケーキを焼こうと思っている人は参考になると思いますよ。

シフォンケーキの型の100均での販売状況

この記事で紹介する100均は、ほとんどの方が行ったことのある大手3社です。

  • ダイソー
  • セリア
  • キャンドゥ

この3社ごとに、どんなシフォンケーキの型が販売されているのか、詳しく見ていきましょう。

それぞれのお店での販売情報が分かれば、これからどこで型を買おうか迷った時判断基準になると思いますよ♪

ダイソー

ダイソーにあるシフォンケーキの型は、3種類あります。

紙型4号サイズ(2枚入)
底径13cm×高さ7cm
5号サイズ( 1枚入)
底径15.5cm×高さ8.4cm
シリコン型直径 約22cm
ダイソーで販売されているシフォンケーキの型(2021年11月時点)

紙型はサイズ展開が2種類ありますが、シリコン型は1種類のみです。

また、シリコン型は300円商品となっているので、注意してくださいね。

ちなみにシリコン型は、「シフォンケーキを冷ます時の瓶などに刺して逆さまにする工程の際に、中央の突起部分が変形しやすく形が崩れてしまった」という声もあるようです。

シリコン型については、型崩れのアクシデントに見合われる可能性も頭に入れて購入を検討しましょうね。

また、シリコン型はシフォンケーキづくり以外にもパン作りの型として代用している人もいました!

ダイソーのシリコン型は、シフォンケーキ作りには少し不向きかもしれませんが、パン作りなど他にも使い道を探せばお得かもしれませんね♪

セリア

セリアにあるシフォンケーキの型は、3種類あります。

紙型4号サイズ (1枚入)
底径13cm×高さ7cm
5号サイズ( 1枚入)
底径15cm×高さ8cm
6号 サイズ(1枚入)
底径18cm×高さ8cm
セリアで販売されているシフォンケーキの型(2021年11月時点)

セリアの紙型は、今回紹介する100均の中で最もサイズ展開が多いです。

サイズに迷ったときは、セリアに行って現物を見ながら購入するサイズを決めるのがいいかもしれませんね!

また、ネットやSNSなどでは、過去にステンレス製のシフォンケーキの型が販売されていたことがあったという内容をみかけましたが、最近は店舗で取り扱いがほぼないようなので、気を付けましょう。

キャンドゥ

キャンドゥにあるシフォンケーキの型は、2種類あります。

紙型5号サイズ( 1枚入)
底径15cm×高さ8cm
6号サイズ( 1枚入)
底径18cm×高さ8cm
キャンドゥで販売されているシフォンケーキの型(2021年11月時点)

キャンドゥの型は、セリアやダイソーに比べて大きめなサイズのものしか取り扱いが内容なので、小さい型を探している人はおすすめしません。

また、セリアと同様に過去のネット情報などではキャンドゥにもステンレス製の型が売っていたという内容がありますが、現在では取り扱いがほぼないようなので気を付けてくださいね。

100均で売っている型の情報は分かりました。

ほとんどが紙型の販売ですが、実際に焼いてみたときの出来上がりや型の強度は大丈夫なのでしょうか?

実際に使ってみた人の意見

100均の紙型を使ってシフォンケーキを焼いてみた人の意見をまとめました。

ほとんどの人が、「ちゃんと焼けた」、「型紙からキレイにはがせた」などと、プラスの意見がほとんどでした。

100均の紙型でも十分うまく焼けるようですが、紙型と金属製のアルミ型では生地の焼き上がりに関わる「熱伝導率」が紙型の方が低いため、作るときのレシピによっては、生焼けやしぼんでしまうことがあるようです。

金属製のアルミ型を使っているレシピで、紙型シフォンケーキを作る際は焼き時間を少し長めにして様子を見ながら焼くようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、100均で販売されているシフォンケーキの型についてまとめました。

ダイソーやセリア、キャンドゥの3社では、紙製の型が販売されています。

ダイソーでは紙製以外に、シリコン製の型も販売されていますが、型崩れが起きる可能性もあるようなので、よく考えてから購入するようしにましょう。

実際に100均の型を使った人の意見によると、100均の型でもしっかり焼け、型紙からはがすことも簡単なようです。

ただし、紙製の型はアルミ製の型よりも熱伝導率が低いので、焼く時の時間には気を付けるようにしましょう。

是非、100均のシフォンケーキの型を利用して、手ごろにシフォンケーキづくりに挑戦してみてはいかがでしょうか?

-スイーツ

© 2021 ぐるめ王国